NHKきょうの健康 慢性頭痛「片頭痛」の対処法 11月21日

未分類

%e7%89%87%e9%a0%ad%e7%97%9b
NHKの今日の健康11月21日放送分では、慢性頭痛の偏頭痛の対処法を紹介しています。

女性に多い慢性頭痛の「片頭痛」。
11月21日放送の「今日の健康」では、片頭痛のメカニズムを詳しく解説しています。

片頭痛の症状

片頭痛の症状は、こめかみから目のあたりにかけて、ズキズキと痛むのが特徴です。

数時間で収まることもあれば、3日間に渡って痛む事もある。

片頭痛は一度痛み出すと、酷い時には寝込まないと辛くなりますよね。
特にあの独特の脈打つような痛み。あの痛みは本当に嫌になります。
また、常に痛いわけじゃなく、時々痛いからタチが悪いです。痛みが収まればなんてことないですからね。ついつい薬でごまかしちゃいます。

私は寝込んでしまうときがあるのですが、もっと酷いと吐き気がする人もいます。こうなるともう、何も手に付かないですからね。本当に誰か助けて!という感じですよ。
痛みで土日が潰れた事もありますね。

片頭痛の原因

片頭痛の原因としては、「血管の広がり」と「筋肉の緊張」があります。

筋肉の緊張による片頭痛を緊張型片頭痛と言います。次の項目で説明します。
ここでは、血管の拡がりによる片頭痛を解説します。

片頭痛の原因に血管の拡張があります。これは、仕事などのストレスから開放された時に、血管が広がるからなんですね。なので、片頭痛は休みの日になりやすいです。
また、空腹や、寝すぎ、寝不足でも起こります。片頭痛持ちの人は生活リズムは大事にしたいところですね。

休みの日ってやっぱりリラックスしてますよね。その時についつい寝過ぎちゃう。リラックスして血管が広がって、さらに寝すぎで生活リズムがおかしくなる・・・。ダブルパンチですね。私の場合。

緊張型片頭痛

緊張型の偏頭痛は、筋肉の緊張から起こります。

長時間同じ姿勢でいると、その筋肉中にストレスによる老廃物が溜まります。その結果、周囲の神経を刺激します。

私の場合は、仕事はデスクワークが基本になっています。肩こりとかひどいんですよね。んで、全身が凝り固まったところで、疲労感と一緒に頭痛がくる事が多いです。

片頭痛の対処方法

片頭痛の対処法です。片頭痛の原因である血管の拡がりを抑える為に、こめかみを冷やします。

冷たいタオルを用意して、こめかみのあたりに当てます。これにより血管の拡がりを抑制します。さらに、カフェイン入りの飲料も効果的です。カフェインには血管を収縮する作用があります。また、できることなら、横になって安静にするの大事です。寝過ぎは禁物ですけども。

関連記事