林修の今でしょ!講座で空き巣を防ぐ最新防犯SP【11月22日放送】

未分類

%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%b7%a3
11月22日放送の「林修の今でしょ!講座」では、防犯について特集します。特に空き巣被害をクローズアップしています。

様々な手口が横行する空き巣ですが、あなたの家は大丈夫でしょうか?
近年では、空き巣に有利な道具なども、簡単に手に入る時代になっています。
鍵破りのノウハウもネットには沢山出回っています。
誰もが犯罪者になれるような知識が、ネットを探せば沢山ありますからね。

実際に放送内容をまとめてみます。

空き巣の手口

空き巣被害は、午前10時から夕方4時の家を留守にする時間に多くなります。
この間に泥棒はあの手この手で、住宅に侵入するのです。

窓ガラスを割って入ったり、ドライバーを使ってカギをこじ開けたり、様々な手口が横行しています。
中には、ガスバーナーを使って、焼いて窓を破って侵入する手口もあります。
ココ最近はこのバーナーやライターによる、焼き破りの手口が急増しています。誰でも簡単にできるうえに、侵入時の音も小さいです。

このあたりは、よく見る手口かと思います。まさにザ・泥棒という感じですね。

なりすまし空き巣

スーツや作業着を着用して一般人に変装する、なりすましの空き巣もいます。

スーツを着用して訪問販売員になり、家の下見をしにきます。また、古くなった家電を引き取ると言って、合法的に家に上がり込み、ゴミを持っていくふりをして家を下見する事もあります。

下見を終えると、家の玄関付近に小さくマーキングをします。このマーキングによって、家の状態が表されます。「日中不在」「女性一人暮らし」「高齢者一人暮らし」などの狙い所を識別するのです。

高層マンションへの空き巣

高い階層のマンションならば安心!と思われがちですが、最近は屋上に近い階ほど危険になってきています。
一旦、外階段から屋上に登り、そこから壁伝いにベランダから侵入してくる手口もあります。
実際に、被害件数も増大しています。

また、マンションのオートロックを過信している人も多いです。オートロックだからと、自宅の部屋のカギをかけないで外出する人もいるのです。
不特定多数の人間が出入りするマンションなので、玄関先のオートロックも、宅配業者などになりすませば、すぐに侵入できてしまいます。

放送後また追記予定です!

関連記事