タイガー・ウッズに限界説!腰はもう限界か!?

タイガー・ウッズにそのときが近づいているのかもしれません・・・。タイガー・ウッズに浮上した「限界説」をまとめてみました。

元プロテニスプレーヤーのマイケル・チャンなどの識者の見解も交えて、タイガー・ウッズの限界説に迫ってみたいと思います。

タイガー・ウッズ限界説「腰痛」

タイガー・ウッズは腰の調子が悪く、満足にプレーできていません。これがタイガー・ウッズの限界説の根拠です。

かつてケガによる現役引退を余儀なくされたドッティー・ペッパーは、タイガー・ウッズの限界説についてこのように発言されました。

「マイケルは、リハビリの時間が練習に費やす時間より長くなったときが、”そのとき”だと思うと言った。そうして、私はツアーからの引退を決めた。タイガーの”そのとき”も確実に近づいている」(ペッパー)

マイケルとは、錦織圭のコーチで元プロテニスプレーヤーのマイケル・チャンのことです。スポーツの専門家から見ても、タイガーウッズの状態はひどい状態であると言えるのですね。

タイガー・ウッズの腰痛の原因とは?

タイガー・ウッズの腰痛の原因は「椎間板ヘルニア」です。

2015年には権威のあるドクターによって手術も受けていますが、思わしくない状態です。

今後のウッズの腰痛の状態次第では、まじめに引退も視野にいれなくてはなりません・・・。

関連記事