高濃度乳房で乳がんの発見が遅れる?本人に通知すべきか議論中!


自治体が行っている乳がん検診では、マンモグラフィーによる検査があります。しかし、なかには、高濃度乳房という乳腺が密集してガンが発見されづらい乳房が存在しています。

この高濃度乳房というのは、実は本人に通知されずに、「異常なし」として扱われる事が多いです。この高濃度乳房について、本人に通知すべきか議論になっています。

高濃度乳房について、詳しく調べてみました。

高濃度乳房とは?

高濃度乳房とは、乳腺が密集した乳房です。

マンモグラフィーによる検査では、乳腺が密集した乳房「高濃度乳房」だと、ガンの発見がしづらいのです。

ご覧のように、乳腺が密集して、全体が白く見えます。これが高濃度乳房です。

高濃度乳房でも問題なくガンを発見する方法

高濃度乳房でもガンを発見する方法はあります。それが、超音波検査です。

超音波では、がんのしこりが黒く乳腺が白く写る。国の大規模研究で、マンモと併用することで早期発見率が1・5倍に高まることが分かった。

マンモグラフィー検査と一緒にやることで、かなり高い発見率になっています。しかし、まだ、本格的な導入の話は進んでいません。

今後、この高濃度乳房に対する対策をしっかりと進めて欲しいですね。

関連記事