誰も知らないさんま SMAP批判で炎上 11月26日

未分類

smap%e3%81%a8%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%be
11月26日放送の特番「誰も知らない明石家さんま」にてさんまさんが、SMAPの解散について言及しました。

メンバー間の不仲がささやかれるSMAPですが、その現状についてさんまさんがついに一言。

さんま「共演NGはいない。番組は仕事場なんで、嫌いでもプロとして仕事をする。これをSMAPに伝えたかった。」

この一言は確かにさんまさんのプロ意識の高さを伺わせますが、これがSMAPファンの怒りを買います。
「SMAP解散を単なる不仲で片付けるな!」「SMAPをネタにトークを盛り上げようとするな!」という声があがりました。
このSMAP解散のデリケートな時期に、無神経な発言をしてしまったさんまさんにファンは怒り心頭です。

SMAPの現状を憂えるファンならではの発言がツイッター上でも散見されます。

さんまさんは、SMAPと仲が良かったように見えたのですが・・・なぜこのような無神経な発言になってしまったのでしょうか?
木村拓哉さんとは、年始の特番で共演するのが、恒例になっていますし、中居正広さんとは、公私ともに交流がありましたよね?

まあそれ故に、内部事情を知るさんまさんは、誰よりもSMAPを愛した男として、今回の解散が許せなかったのかもしれません。
芸能活動していく上で、SMAP自体もさんまさんから可愛がられて、上手く芸能活動をしてこれたのかもしれないですしね。

2017年のさんタクは無いという話もあります。今回の解散を持って、SMAPとさんまさんの蜜月の関係は終了でしょうか?

関連記事