犬の噛みつき事故の原因と対策

未分類

犬の噛みつきは予測可能!
気をつけるべきタイミングをご紹介します!

3月9日に発生した犬の噛みつき事故。
生後10ヶ月の女児が亡くなってしまうという悲しいニュースですが、犬を買っているご家庭にとっては、他人事ではないですよね。

この記事では、犬の噛みつき事故についてまとめました。

犬の噛みつき事故が起きる理由

犬の噛みつき事故は、犬のストレス状態と、家庭環境が原因となることが考えられています。

「嫉妬や焼きもちのときもあるかもしれませんし、散歩などが少なかったり食事や排せつをしたりするときにストレスから噛み付くこともあるでしょう。
気に入らないことがあれば、攻撃的になります。

犬は、人を順位付けしており、子供だと態度が違うことがあるようです。
動物は、人間と違って、本能がむき出しになるときがあり、飼い主が大丈夫だと思っても注意しないといけないでしょう。

犬というと、従順でしつけをすれば事故は起こさないというイメージがありました。

しかし、やはり動物であることに変わりはありません。
人間と同じ基準で考えてはいけないのです。

犬の噛みつき事故を防ぐ方法

犬の噛みつき事故を防ぐには、犬に対する認識を改めることです。

前述しましたが、犬も野生動物である以上、突発的に噛みつき事故を起こすことがあります。
この性質を念頭においておかなくてはいけません。

普段は大人しいといっても、突発的に噛みつき事故を起こすことはあります。
特に乳幼児の近くでの放し飼いは危険であるといえますね。

関連記事