稲本潤一 全治5カ月!今後はどうなる!?

未分類

右膝は限界か!?稲本潤一が全治5ヶ月のケガ!

J1のコンサドーレ札幌の稲本潤一選手が、全治5ヶ月のケガを負いました。昨シーズンでは右膝の前十字靭帯断裂というケガもしていますので、かなりマズい状態なのは間違いないです。

今後の稲本潤一選手はどうなってしまうのでしょうか!?今回のケガの状態と、今後の展望をまとめました。

稲本潤一全治5ヶ月!ケガの詳細

北海道コンサドーレ札幌は11日、MF稲本潤一が右膝外側半月板損傷・右膝軟骨損傷と診断され、7日に手術を行ったと発表した。全治まで約5カ月を要する見込みだ。

正直かなり厳しい状態だと思います。昨シーズンにつづいてのケガですから、もうヒザはボロボロになっているのかもしれません。37歳まで続けてきたキャリアですから、あちこちにガタがきてもおかしくはないのです。

稲本潤一37歳のキャリアはどうなる!?

37歳と言えば、サッカー選手としてはかなりのベテランです。

30代半ばでの引退が最も多いサッカー選手で、30代後半はかなりのベテランだといえます。40歳なんてかなり驚異的な数字です。そう考えると三浦知良選手はほんとにスゴイわけですが・・・。

正直30歳後半でヒザの前十字靭帯断裂というケガは、キャリアの終了を意味します。若い選手でも厳しいです。実際に森本貴幸選手や宮市亮選手なんかは、膝のケガで明らかにパフォーマンスが低下したわけです。

今後は、引退という方向も間違いなく視野に入ってくると考えられます。

関連記事