権田の土下座の理由!FC東京サポーターとの遺恨


FC東京との遺恨!?サガン鳥栖権田が土下座!

サガン鳥栖のGK権田修一選手がFC東京サポーターに土下座するという事件が起こりました。
この土下座というのは、かなり衝撃的ですよね。

FC東京サポーターが撮影による権田選手の土下座動画と、土下座にいたる経緯をまとめました。

権田の土下座動画

FC東京サポーターの「権田がんばれ」「やばいやばい」という声が生々しい・・・。

権田修一土下座の経緯

もともとFC東京出身の権田選手は、海外移籍からの帰国後にサガン鳥栖へ移籍しました。この行動がFC東京サポーターの反感を買ってしまいました。

この一連の流れを詳しく説明します。

権田のオーバートレーニング症候群

権田選手は、FC東京でのプレー時に「オーバートレーニング症候群」を指摘されました。
トレーニングによる負荷が過多な状態になり、集中力を維持するのが難しくなったり、モチベーションの維持にも問題をきたすようになりました。

権田海外移籍


オーバートレーニング症候群の解消のために、権田選手は海外へと戦いの場を移します。本田圭佑選手がオーナーを務める、オーストリアリーグの「SVホルン」です。

しかし、海外でもケガなどにより思うように活躍できずでした。

その後、権田選手本人の希望により、FC東京との契約は解除し、ヨーロッパでの戦いの舞台を模索しました。

日本復帰

ヨーロッパでの移籍先クラブを探す権田選手でしたが、移籍先は決まらず。結局、サガン鳥栖への移籍ということで、決着となりました。

しかし、このサガン鳥栖への移籍がFC東京サポーターの怒りを買ってしまいます。

オーバートレーニング症候群の回復を待つというFC東京側の恩を忘れたのか!?という形になってしまいます。

ここは、長年お世話になったFC東京に戻るのが筋だろう!ということですね。

権田の意見

「FC東京を裏切るような形になったことは、申し訳なく思っている」。

権田選手は鳥栖移籍が決まった時に、このような発言をしています。FC東京のアカデミーから、ずっと自分を育ててくれたチームです。当然権田選手も心苦しいものはあったと思います。

FC東京サポーターが土下座を強要!?

ツイッター上では「FC東京サポが権田に土下座を強要した!!」と、大きな話題になっています。

東京サポに言わせれば、これも根も葉もないない噂なのですが、実際にゲーム中の権田選手へのブーイングは苛烈なものでした。

ただ、移籍してチームを離れた選手へのブーイングは、サッカーにおける常識的な部分もあります。移籍の通過儀礼と言ってもいいです。

権田選手の土下座は、ブーイングやFC東京サポのヤジによるものではなく、純粋に「移籍して申し訳ない」という権田選手のFC東京愛からくるものだったと思います。

権田選手が土下座報道を否定!!

関連記事