黒革の手帖 米倉涼子と武井咲の比較

黒革の手帖 米倉涼子 黒革の手帖

黒革の手帖 米倉涼子





黒革の手帖は2004年に米倉涼子さん主演でドラマ化されています。その時も大人気で、今回の武井咲さんバージョンとの比較の声が多いですね♪。

意見として多いのが、「米倉涼子さんの演技の方がスゴみがあった」という意見。やっぱり、最初に放送された作品の方が印象強いですよね~。

さっそく比較した意見を見てみましょう!





やっぱり米倉涼子でしょ!

黒革の手帖、 おもってたより良かったけど やっぱ 米倉涼子のほうがいい、(笑)
私が小学生の時に観て水商売やりたい!って思うきっかけになった「黒革の手帖」が武井咲でまた放送されてるの今知った、米倉涼子のは良かったな、武井咲嫌だなー。でも真矢みき美しすぎてヤバい、とりま木曜日は仕事休む。
個人的に黒革の手帖は、武井咲じゃなくて米倉涼子の元子がしっくり来るんだなぁ。ってご主人言うてはるワン。




武井咲も良いよ!派

米倉涼子派の意見が強いのは仕方のないことですが、今回の武井咲さんの演技も良い!という意見ももちろんあります!武井咲さん独自の魅力を出しているのではないでしょうか!?

米倉涼子版をずっと見てたので武井咲…?って思ったけど 特に彼女の声、柔らかくて可愛いから はい!お金払います!!ってなっちゃう魅力がある。表情が豊かで、音楽がドラマチックでメリハリがあって分かりやすい。
武井咲ちゃんの黒革の手帖、意外と良かったわ( ´∀`) 米倉涼子とは違った“仕上がってない感”が良い感じでハマってたな。
米倉涼子の黒革の手帖もめちゃくちゃ良かったけど、武井咲の黒革の手帖も「美しい…」と声を漏らさずにはいられない。声のトーン、笑い方、仕草ひとつひとつに元子(役名)の品格が組み込まれてる。

関連記事