乱数放送でテロの指令!?

未分類

2017年4月15日、北朝鮮が乱数放送をしてテロの司令を送ったのではないか?と言われています。

乱数放送を受け取った北朝鮮の工作員がとる行動とは?過去の辛光洙(シン・ガンス)事件の事例を参考にまとめてみました。

乱数放送とは【動画】

乱数放送では、工作員に司令を送るという目的があります。

特定の周波数でラジオを聞くと、この乱数放送が流れます。韓国や、日本国内にいる工作員に対して、乱数放送で司令を出しています。

乱数放送の内容

平壌放送は14日午前1時15分に「今から27号深査隊員のための遠隔教育大学情報技術基礎復習課題をお伝えします」とし、「823ページ69番、467ページ92番、957ページ100番」などと数字を読み上げた。

引用元: 北、工作員に「乱数放送」 韓国や日本でテロ指示か (夕刊フジ) – Yahoo!ニュース

この数字部分が暗号になっています。これを聞いたスパイは、数字を解読し、行動に移ります。

今回の乱数放送は、各国の工作員に、テロの司令を送ったという可能性があります。

ここ最近の北朝鮮の情勢は緊張しています。テロ司令があったとしても、おかしくありません。

日本人に化けている工作員について

日本国内には日本人のフリをした工作員が潜んでいると言われています。

過去には辛光洙(シン・グァンス)という工作員が、日本に潜伏して、日本人拉致をしたという事件がありました。

辛 光洙(シン・グァンス)

辛光洙 シン・グァンス
日本名「立山 富蔵」(たてやま とみぞう)として、日本に潜伏していた北朝鮮の工作員です。

横田めぐみさんを始め何人かの日本人拉致事件の中心人物です。日本国内に潜伏し、日本人拉致の手引をしていました。

関連記事