【道端アンジェリカ 乾癬】ルミセフの投与で劇的に改善

道端アンジェリカ 乾癬 ルミセフ 未分類

道端アンジェリカ 乾癬 ルミセフ





道端アンジェリカさんはルミセフを使用していた実績があります。

実際に道端さんも、ルミセフの投与により、劇的に症状が改善したということです。

現在ではコセンティクスという自己注射による治療に切り替えています。1ヶ月に1回という回数です。

道端さん以外にも、ルミセフの投与により、乾癬の症状が劇的に改善したという体験談がありましたので、ご紹介します。

また、ルミセフの費用についてもまとめました。





ルミセフによる乾癬への効果【体験談】

ルミセフによる治療の結果、劇的な効果を実感した方がいます。

倦怠感などの症状はあるものの、劇的な効果があるようです。入院手前の症状がルミセフによって改善されています。





ルミセフの効果まとめ

  • 倦怠感、疲れがすごい
  • 発赤、紅斑がひいた
  • 入院手前の症状が4日でゼロになる

ルミセフの最新情報

協和発酵キリンは9月27日、乾癬治療薬ルミセフ皮下注210mgシリンジ(一般名:ブロダルマブ(遺伝子組換え))を30日に新発売すると発表した。世界に先駆けての販売開始となる。薬価は1シリンジあたり7万3158円。

同剤はヒトインターロイキン(IL)17受容体Aに対する完全ヒト抗体。IL-17Aは主にTh17細胞から産生される炎症性サイトカインで、乾癬の病態形成に関与していると考えられている。同剤はIL17受容体へのIL-17Aの結合を阻害することで、表皮角化細胞の過剰な増殖・活性化を抑制し、乾癬に対して有効性を示すと考えられている。

効能・効果は「既存治療で効果不十分な尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症」。1回210mgを初回、1週後、2週後に皮下投与し、以降は2週間の間隔で皮下投与する。

同社はMR1400人体制で情報提供・収集活動する。免疫/アレルギー分野を戦略領域のひとつに位置付けており、乾癬治療薬としては外用配合剤のドボベット軟膏を14年9月から手掛けている。

月35400円で治療できる

関連記事