【過保護のカホコ】4話のあらすじ【ネタバレ】

未分類

過保護のカホコ 4話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『過保護のカホコ』第4話 あらすじ

 部屋に引きこもったまま『失恋から立ち直る方法』を調べるカホコに、正高は気分転換のため泉の実家を訪ねることを提案。しかし、集まった親戚もタイミング悪く各々の家庭の問題を抱え、いつもおしゃべりな泉がいないこともあって空気は沈んだまま。失恋の痛手を忘れるにはお酒が効くと聞いたカホコは、初めてお酒をガブ飲みし、酔ってしまう。そして、その勢いのまま初の元へ向かう!過保護のカホコ 4話 あらすじ ネタバレ
カホコ(高畑充希)が生まれて初めて泉いずみ(黒木瞳)に反抗したことで、固い絆で結ばれた母娘の関係は冷戦状態に突入する!間を取り持とうと奮闘する正高まさたか(時任三郎)は、お互い譲らない2人の板挟みにあってしまう。

そんな中カホコは、勢いで告白したまま逃げ出してきてしまった初はじめ(竹内涼真)と顔を合わせづらく悩む。人は誰かと出会うことによって自分を変えることができるという叔母の環たまき(中島ひろ子)の言葉に励まされ、改めて初に会うカホコだったが、変な期待をさせない方がいいと思った初から、過保護でガキっぽいところがタイプではないとあっさりフラれてしまい…。
 人生初失恋のあまりのショックから食事もとらず部屋に引きこもるが、失恋中もしっかり空腹を感じることに自己嫌悪で落ち込むカホコ。正高は泉に隠れてカホコに差し入れをするが、そのことが泉にバレて過保護だと責められる

 一方、退院したイト(久保田紗友)はカホコを通じて知り合った初を訪ねるが、チェロを弾けなくなったことを親のせいにするイトに、初は冷たく接してしまうのだった。

過保護のカホコ4話ネタバレ【前半】

幼いころからずっとママにべったりで生きてきたカホコの生まれて初めての反抗。ママとカホコの間は微妙な関係になっていました。

二人の微妙な喧嘩に巻き込まれるパパ。なんとか、二人の間を取り持つように努力しますが、喧嘩は終わりません。

カホコはママに反抗してでも麦野と交際したいという思いをつのらせていました。

「人はなんで恋をするのか?」悩むカホコでしたが、おばの環夫婦に「人との出会いは素晴らしいことです」と諭され、麦野へ思いを伝える決意が固まります。

意を決して麦野へ告白するカホコでしたが、「ごめん、ムリ。お前みたいな過保護はタイプじゃない」とハッキリと即答されてしまいます。

振られたショックで倒れそうになるカホコ。麦野は世間知らずのお嬢様とは合うわけないと答えでした。

カホコは「はっきり言ってもらってすっきりした」とその場を去っていきます。

元気がないカホコをパパは心配しますが、ママは「ほっておいたら」と言います。

パパはそれでもカホコが気になり、こっそりと様子を見に行きます。

ベッドで泣き崩れるカホコでしたが、ふられたことが悲しいのではなく、二度と食欲なんかわかないと思っていたのにお腹がすいていることが悲しいといいます。

パパはカホコにお願いされるがままに、コンビニでオムライスとフライドポテトとドーナツを買ってきます。

カホコに「そろそろママと仲直りしたら」と提案します。

パパはカホコの食べ終わりのゴミをキッチンに捨てに行きますが、ママに見つかってしまいます。

そんなパパの様子をママは「過保護だ」と言います。

次の日・・・。

麦野のアトリエに糸(久保田紗友)が遊びにやってきます。

手の具合を心配する麦野に対して、糸は「チェロはもう無理だと言われた」と話します。

糸は自らの境遇を言い訳に、麦野へ愚痴ります。

「こんな貧乏な家に生まれて無ければ病気しなかったかも。他の子みたいにもっといい学校にいけた」

しかし、麦野は、「親のせいにしないで、これからどうするか親と話し合え、今までお前の夢をかなえるためにさんざん犠牲にしたものがあるんだろうから」と言います。

「偉そうに・・・」とこぼす糸に対して麦野は「帰っていいよ」と言い放ちます。

糸は自らをモデルに絵を描くことを麦野に提案しますが、「今のお前は書きたくない」と麦野に怒られます。

その頃、カホコは「失恋から立ち直る方法」をネットで調べて試そうとするもののうまくいかない。カホコに元気になってもらおうと、ママの実家に二人で遊びに行く。

環夫妻、節子夫妻(西尾まり/夙川アトム)も駆けつけるが元気がなく静か。環夫婦や節夫婦もそれぞれ家族の悩みを考えており元気がなかった。

カホコはビールを飲んでみたいと、初めてビールを飲む。

するとカホコは酔っ払い初め、環夫婦はケンカ、節夫婦は泣き始めグダグダモードに。みんな飲まずにいられなかった。

酔っ払ったカホコは家を飛び出し、麦野のアトリエに向かう。カホコは上機嫌で、酔っ払っていることに気づいた麦野は酔っぱらいは嫌い、邪魔だから帰ってという。

するとカホコは麦野の絵を書いても無駄と言い破り始める。慌てて麦野に止められ、ふと置いてあった糸の姿を書いた絵を見つける。

カホコは感動し「あんたは世界中の人幸せにできる」と言う。

そして、「カホコはもう会えないけど、絶対に夢諦めちゃダメだからね」と言いその場を去ろうとする。

麦野はカホコを引き止め、自分が書いた絵を次々と見せていく。カホコは「これはダメ!」と言いひとつずつ絵を破りはじめた。

過保護のカホコ4話ネタバレ【後半】

その後カホコは酔いつぶれ、麦野に家まで送り届けられた。目が覚めた後、麦野とのことを思い出し自己嫌悪に陥っていた。

そして麦野に「もう二度と会いに行かないから安心して」とメールをした。

パパは麦野のアトリエを訪れる。

「これからも友達としてカホコに会ってほしい。カホコも君がいないとダメみたいで、君のように何でも言ってくれる人が必要なんだと思う。自分たちは過保護にしてしまうから。正直言うと、娘と妻が冷戦状態なのが耐えられなくて」

と頭を下げた。

麦野は「わかりました。」と言い、その代わり、ひとつだけお願いがあるという。

そして、パパの体を見てなで始める。

「結構素敵なんですね…」

「もしかして…こいつ…」

家で寝ていたカホコに麦野から用事があるから会いたいとメールが入り、急いで麦野のもとへむかう。

麦野は見てもらいたいものがあると、絵を差し出した。そこには、パパが必死に頭を下げる姿が書かれていた。

カホコは感動し「スッバラシイよ。ピカソ超える!」と興奮して言った。

すると初は…

「もう会えないって言うなよ。正直恋愛感情とか持てないけど…俺にはお前が必要。
お前が俺の絵を良いって言ってくれたのはお世辞じゃないくて、心からそう思っているって
信じることができる。自信も湧くし…それじゃ不満かもしれないけど、これからもちょくちょく俺の絵を見て感想を言ってくれないかな」

「わかった」

「じゃあまた明日」

そう言われてカホコは感激していた。

「私、こんなの初めて。また明日ってこんなに素敵な言葉だって知らなかったから。この世界で家族以外にも自分を必要としてくれる人がいて、いつでも会いたいって思ってくれるのって、こんなにうれしいんだね。私も生きてていいんだよって言われてるみたいで。また明日ね」

そう言ってカホコは笑顔で去っていった。

パパは、カホコたちのために2時間並んで、食べたいと言っていたどら焼きを買ってきて仲直りさせようとしていた。

自宅に到着しリビングのドアを開けると、ママとカホコは楽しそうに仲良くビデオを見ており、いつの間にか二人はすっかり仲直りしていた。

そして二人はパパが買ってきたどら焼きを美味しそうに食べ始めた。

パパはまた疎外感を感じていたが我慢しようと思っていた。

しかし、ふとママに「明日は夕飯いるの?」と言われ、パパの顔色が変わった。

「ここは俺の家だ。明日の夕飯も前の日に聞かないと用意できないのか。夫が突然帰ってきて、何か食べたいんだけどと言ったら用意できるようにしておけよ妻なら。カホコは話しかけてくる時は、何か買ってほしいときだけ。カホコにとって俺は単なるスポンサーか。」

そう言ってパパは出ていった。

関連記事