僕たちがやりました4話爆破事件の真犯人

爆発事件 真犯人 僕たちがやりました

爆発事件 真犯人

僕たちがやりましたの4話では、ヤバ高の爆破事件の真犯人に迫ります!

ちなみに原作では、爆破事件の真犯人はパイセンで、その身がわりとして、真良中幹男(まらなか みきお)が出頭するという結末になっています。

ただし!!ドラマと原作では違う結末を用意していることが、すでに制作側から発表されています。

ということで、ドラマの「僕たちがやりました」の4話で明かされる!?真犯人を考察したいと思います。

 





水川あさみが真犯人という説

水川あさみ 真犯人

視聴者の間では、水川あさみ演じるトビオの担任教師が真犯人では?という説が一般的です。

水川あさみさんが犯人だという説にはこんな意見があります。

 

水川あさみ怪しすぎる! なんでトビオと蓮子が気まずくなってるって知ってんだよ! 他にもなんでそれ知ってんだよ!ってこといっぱいあったし行動も怪しすぎるしタイミングも良すぎる! 怪しい‥‥‥

 

ということで、どうも、知りすぎている感じがするのが、怪しいわけですね。

しかも、ドラマオリジナルの役どころです。ドラマ版は原作とは違うオリジナルの結末を用意しているということですから、このオリジナルキャラが非常に怪しいです。

 





原作の爆破事件の真相

冒頭でもお伝えしたのですが、再度、「僕たちがやりました」の原作における爆破事件の真相をまとめます。

まず、爆破事件の犯人は、パイセンです。パイセンがプロパンガスの近くに爆弾を置いたせいで、あれほどの大爆発になったのです。

そして、パイセンの父親(風俗界の大物)がお金にものを言わせて、パイセンそっくりな浮浪者を警察に出頭させました。

浮浪者の名前は真良中幹男(まらなか みきお)。パイセンの父親に「家族の安泰を一生保証する」という条件を提示され、身代わり出頭しています。

しかも、パイセンそっくりに整形手術をするという徹底ぶり・・・。パイセンの父親、どんだけだよ。

ここまでが、原作における爆破事件の結末です。え?こんなもん?と、思った人も多いと思いますね。

また、原作では、トビオと市橋に友情が芽生えるというシーンもあり、かなり面白い展開を見せていました→「トビオと市橋の奇妙な友情!と市橋の結末!





関連記事