コード・ブルー3 6話 あらすじ

コード・ブルー3 6話 あらすじ1 コード・ブルー 3

コード・ブルー3 6話 あらすじ1

コード・ブルー3の6話は、灰谷と横峯という若手フェローにとってかなり重要な回になりますね!

救護先で冷凍庫に閉じ込められたフェローは、冷凍庫内で麻酔なしの手術をしなくてはいけない状況になっています!

果たしてどうなるのか!?





コード・ブルー36話あらすじ

コード・ブルー3 6話 あらすじ

藍沢耕作(山下智久)と新海広紀(安藤政信)により、天野奏(田鍋梨々花)の手術は無事に終わった。

しかし、白石恵(新垣結衣)が新海に手術のことを聞くと、どうも歯切れが悪い。奏の両親は手術結果に納得しているらしいのだが…。

一方、17歳の男子高校生が脳死判定を受けることに。それは橘啓輔(椎名桔平)の息子、優輔(歸山竜成)のもとに移植可能な心臓が来るかも知れない可能性を示唆していた。

循環器内科医の井上宣顕(滝藤賢一)の指摘に、橘は期待を抱いてはいけないと自分を制する。

その頃、冷凍倉庫内で荷崩れ事故が発生。翔北救命センターにドクターヘリ出動要請が入り、藍沢と藤川一男(浅利陽介)、雪村双葉(馬場ふみか)が向かう。

商品保護のため冷凍室の電源を切れないという寒さの中、藤川らは治療を開始。患者を救命センターに搬送する藤川は、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)と交代した。

灰谷たちは藍沢の指示の元、冷凍室内の負傷者のもとへ。すると治療を初めて間もなく電源が落ちてしまった。

暗闇の冷凍室内に、灰谷と横峯は負傷した作業員と閉じ込められる。落雷が原因の停電で復旧には2時間ほどかかる。

しかも、未だ落雷の可能性があるためドクターヘリも飛べない…。そんな中、冷凍室の外で藍沢が診ていた作業員の容体が急変。

さらに冷凍室内の灰谷と横峯は、多量の出血をしているもう1人の作業員を発見。フェロー二人だけでこの事態に対処しなければならなくなる…。

引用元: コード・ブルー | ストーリー – フジテレビ





コード・ブルー3 6話 あらすじ動画

ドラマ『コード・ブルー3』の登場人物・キャスト・相関図

藍沢耕作(山下智久)

白石恵(新垣結衣)

緋山美帆子(戸田恵梨香)

冴島はるか(比嘉愛未)

藤川一男(浅利陽介)

橘啓輔(椎名桔平)

名取颯馬(有岡大貴/Hey!Say!JUMP)

灰谷俊平(成田 凌)

横峯あかり(新木優子)

雪村双葉(馬場ふみか)

新海広紀(安藤政信)

西条章(杉本哲太)

三井環奈(りょう)

梶寿志(寺島進)

井上宣顕(滝藤賢一)

緒方博嗣(丸山智己)





ドラマ『コード・ブルー3』第6話の感想

放送後に掲載します。

 

ドラマ『コード・ブルー3』第6話 視聴率

放送後に掲載します。

シーズン1と2の6話は泣けるエピソードだった!


「コードブルー1期の6話は泣けるな」

「コードブルー2の6話恐ろしいほど泣けたわ」

これは、内容がかなり気になりますね!今、FODに登録すると、コード・ブルーがイッキに見れます!しかも31日間の無料期間があるのです!

FODプレミアム 無料 動画FODプレミアムでコードブルーシリーズを全話無料視聴!

コード・ブルー3 5話のおさらい

5話では冴島はるかの流産がおもなイベントでした。

コード・ブルー3 冴島はるか 流産3

冴島はシーズン2で恋人を亡くしていて、シーズン3の今回も、流産というあまりに悲しすぎる出来事にあっています。

「つわりでご飯が美味しくなかった」

「今はすごくご飯がおいしい・・・」

「あかちゃんごめんね・・・」

妊娠13週で子供を失った冴島の気持ちは察するにあまりあります・・・。

詳しくは→コード・ブルー3 5話 冴島はるか流産・・・。

関連記事