馬渡和彰 退場処分!中学生ボールボーイに暴力行為スレスレ!

未分類

馬渡和彰

Jリーグ徳島ヴォルティスの馬渡和彰(まわたり かずあき)がボールボーイを務める中学生を小突くという事件を起こしました。

「試合展開の中で、どうしても早くボールが欲しかった。軽率な行動だった。反省している」

問題のシーンを振り返ってみましょう。

馬渡和彰がボールボーイを小突いて退場処分

まあ、試合展開次第では熱くなりますからね。ただ、もう少し落ち着いてほしかった・・・。

あの有名選手もボールボーイへ攻撃していた!!

イングランドプレミアリーグのチェルシーの10番「エデン・アザール」選手も、ボールボーイへ暴力行為を働いていたことがあります。

ボールボーイの遅延行為について

ボールボーイというのは、ホームチームへ優遇することがよくあります。というか、基本です。

ボールボーイを務めるのは、ホームチームの下部組織でプレーする子供達です。もちろんスピリットはチームにあるし、チームの勝利を願っています。

今回の場合は、ホームのジェフユナイテッド千葉のゴールキーパーが飛び出した後で、ゴールががら空きでした。このタイミングで、対戦相手のヴォルティスが素早くリスタートしたら、大ピンチです。

そこで、このジェフの下部組織の中学生は、ボールをすぐには返さずに、時間を使いました。

そのボールボーイの遅延行為にイラだったのがヴォルティスの馬渡選手だったというわけです。

ちなみにボールボーイの遅延行為は当たり前です。マンチェスターユナイテッドのの監督ジョゼ・モウリーニョはボールボーイを全員クビにしたという話もあります。

ホームの試合で、ボールボーイの子供たちが選手にボールを渡すタイミングが遅いことで、攻撃の際に不利になっているとモウリーニョは感じていたようだ。

海外ではボールボーイの働きはもっと汚いです。日本だとまだマシですね。

  1. ボールボーイを務めるのはホームチームの下部組織の少年たち
  2. ボールボーイは遅延行為をしてなんぼ!

関連記事