ガッテン!口内フローラ健康術!11月30日

未分類

%e5%8f%a3%e5%86%85%e3%83%95%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9
11月30日のガッテン!では、口内フローラを特集しています。今注目されている口内フローラは、健康な生活には欠かせません。口内環境の悪化で、大きな病気になることは、よくあります。口内フローラを良く知って、健康な生活を送りましょう!

口内フローラとは?

口内フローラとは、口の中の細菌の集まりの事です。約700種類の最近が100億個存在していると言われています。善玉菌、悪玉菌もあり、絶妙なバランスで存在しあっています。悪玉菌が増えるとバランスが崩れてしまいます。このバランスが理想的な状態のことを口内フローラと言います。

この口内フローラを理想的な状態に保つことは、健康を維持する上で重要です。口の中と侮ると大きな病気に発展することもあります。

口内フローラ、悪玉菌が増えると・・・

口内フローラの悪玉菌が増えると、その悪玉菌は全身に拡散してしまいます。肺炎を引き起こしたり、心筋梗塞、大動脈瘤などの重大な病気にも発展します。もちろん歯周病などの、歯の病気にもなります。悪化していくと最悪の場合は命の危険も出てくるような症状です。

口内フローラを健康に保つ

口内フローラを健康に保つには、唾液を出す運動があります。運動と言っても、口内の運動です。聞いた事がある方もいるかもしれません。上下の歯茎をなぞるように舌を回す方法です。アンチエイジング法としても有名ですね。

口内フローラの理想的な状態

口内フローラの理想的な状態としては、よく赤ちゃんの口の中が理想と言われます。これは、ミルクだけで生活しているために、悪玉菌の餌になるものが口内に無いからなのです。口内フローラの悪玉菌は食べカスを良い餌にしているのですね。

最後に

口の中と油断するなかれ。口内環境をキレイに保つことは、健康の基礎です!

関連記事