僕たちがやりました 7話のあらすじ&ネタバレ

僕たちがやりました






僕たちがやりました 7話のあらすじ&ネタバレです!

6話で三浦翔平刑事に追い込まれたトビオたち4人の姿が印象的でした・・・。

7話ではさらに物凄い展開が!!トビオが飛び降りる!





僕たちがやりました、7話のキャスト

増渕トビオ:窪田正孝
丸山友貴:葉山奨之
伊佐美翔:間宮祥太朗
パイセン:今野浩喜

市橋哲人:新田真剣佑

有原正樹:吉村界人

蒼川蓮子:永野芽郁
新里今宵:川栄李奈

飯室成男:三浦翔平

西塚智広:板尾創路
輪島宗十郎:古田新太
増渕ハオ:八木莉可子

熊野直矢:森田甘路

増渕優子:榊原郁恵

真中幹男:山本浩司

 

僕たちがやりました、7話のあらすじ、ネタバレ

僕たちがやりましたの7話では、さらに面白い展開!

まとめると、以下の流れ!

7話あらすじ・ネタバレまとめ
  1. トビオ、罪の意識から飛び降りる
  2. 市橋と同じ病院に入院し、市橋と仲良く
  3. 伊佐美、被害者に手を合わせる毎日
  4. マル、やっぱりクズだった。のんきに遊びほうける
  5. パイセン、父親との絆を確かめるために行動!

ちなみ、真剣佑さんが7話のあらすじ動画をアップしていました。

上げていた動画がこちら!

僕たちがやりました。 第7話 ぜひ。

新田 真剣佑 Mackenyuさん(@mackenyu.1116)がシェアした投稿 –

スタートのトビオの顔が怖いんですが・・・。

では、7話のあらすじの詳細を。

6話で刑事飯室に、犯した罪の重大さを指摘され、トビオは、飛び降り自殺を決行します。

「死んだら、償い。もし、生き残ったら、新しい自分に生まれ変わって、人生やりなおし」

という考えのもと、飛び降りるわけですが、見事?生還・・・。

死なずに済んだトビオは、なんと、市橋と同じ病院に入院することになります。

ここで、トビオはメチャクチャ明るくふるまいます。生還したから、新しいトビオになったというわけです。

戸惑う市橋ですが、徐々に距離は埋まっていきます(というのも市橋は、パイセンの影武者の逮捕で、トビオたちが真犯人ではないと信じ込んでいるため)。

そんな中で、市橋はトビオに「蓮子が好き」であるということを告白します。トビオはそんな市橋を応援することにしました。

なんか、最初の頃は考えられないような展開になっていますね~。

トビオがこんな感じで過ごしているときに、伊佐美は罪の意識から、遺族面会しています。

また、マルは、学校の仲間達と遊び呆けています。

ほんと、それぞれですよね~。マルはスゴイ心臓や。

そして、パイセンは、自分の父親に会いに行きます。謎に包まれていたパイセンと父親の関係がよりハッキリとしますね。

7話も断然見過ごせない!!

 

僕たちがやりました 6話の見どころをおさらい


いつか結婚したとき、節々で、思い出せ・・・。

人の命を奪ったということを!!

闇の中♪闇の中♪あ、それ闇の中♪闇の中♪闇の中ァ!!!!

僕たちがやりました 動画の視聴はFODで!【AD】

FOD(フジテレビオンデマンド)で、「僕たちがやりました」を視聴できます♪

FODは月額888円で見放題の動画配信サービスです。

※僕たちがやりましたは、1話あたり200円と、別途課金が必要ではありますが、見逃したエピソードを見返してみてはどうでしょうか♪?

ちなみに、FODでは、コードブルーのシーズン1~3の最新話までを配信中です。こちらは、見放題ですので、課金は必要ないですよ♪

また、ガリレオ、リッチマンプアウーマンも見放題対象ですので、課金無しで、みれます~!!

テラスハウスも配信中!

FOD入会はこちらをクリック!↓

関連記事