コードブルー3 8話 緋山の感染症はエボラ!

コード・ブルー 3





コードブルー3の8話、緋山先生がエボラ出血熱と思われる感染症に罹っている可能性が出てきました!!

さらにここにきて、灰谷の自殺疑惑!

急展開を迎えるコードブルー3の8話の内容をどうぞ!





※9月4日追記、緋山先生はエボラではありませんでした!何のウイルス反応も無く、無事でした!

8話の詳しい様子はこちら⇛コードブルー3 8話のあらすじとネタバレ

 

コードブルー3 8話の予告動画






緋山先生、隔離!

号泣する名取!

緋山が感染症にかかった経緯

8話では、空港で急に倒れた患者を治療するために、緋山と名取らが現場に向かいました。

処置中、患者が暴れたため、名取が間違って緋山の小指に注射針を指してしまいます。

この注射針は、一度患者に触れたもので、後にこの患者には感染症の疑いがかかりますす。西アフリカへの渡航歴のある男性で、かなり危険な感染症の可能性が疑われています。

そして、緋山は隔離されてしまいました。

灰谷はどうなる!?

駅のホームから転落し、救急に運び込まれた灰谷。

実は灰谷には睡眠薬を多めに飲んでしまったために駅のホームから転落したという可能性があります。

灰谷は自殺しようとした?

途端に怪しい空気になる白石や藤川たちでした。

コードブルー3 8話 公式のあらすじ

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)のリハビリの様子を離れて見ていたがおはじきを裏返すことさえなかなかできない奏に声もかけられない。

その日、灰谷俊平(成田凌)が駅のホームから転落し負傷して以来はじめて救命の職場に復帰した。灰谷の事故は睡眠薬の効き過ぎでホームから落ちたという説明になっていたが、白石恵(新垣結衣)らは灰谷が自殺しようとしていたのではないかと疑っていた。

そんな空気を灰谷に悟られまいと普段通りでいようとするのだが、白石や藤川一男(浅利陽介)もぎこちなくなってしまう。

そんな時、成田空港到着ロビーで男性が倒れたとドクターヘリ要請が入る。緋山美帆子(戸田恵梨香)、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)が現場に向かうと、
男性はショック状態でエコノミー症候群が疑われるとのこと。

名取がラインを取ろうと患者の腕に針を刺すとその刺激で患者が覚醒、突然暴れて腕を振り払った。そのせいで、名取は一度患者の体に入った針を緋山の指に刺してしまう。

初療室に運び込むとその患者、堀内豪(天田暦)は吐血。エコノミー症候群ではなく何か別の要因があると考え橘啓輔(椎名桔平)は急遽スタッフたちにゴーグル、ガウン、マスクなどを着用するよう指示を出す。

感染症研究センターにも連絡し堀内の検体を採取して送ることに。緋山は処置を続けるが顔色を失っていく。名取も気にしないではいられない。

密かに緋山は藍沢に、名取のことには触れずに患者のラインを取る際あやまって針が指に刺さったと告げ、自身の血液サンプルも感染症研究センターに送って欲しいと依頼する。

そこへ堀内がICUで亡くなったと冴島はるか(比嘉愛未)が告げに来た。堀内はジャーナリストで西アフリカ各国を回っており、自然保護団体の取材のため動物との接触もあったという…。

引用元: コード・ブルー | ストーリー – フジテレビ

FODプレミアム 無料 動画FODプレミアムでコードブルーシリーズを全話無料視聴!

関連記事