リプニツカヤ 摂食障害で引退!?拒食症の真実!

未分類

14年ソチ冬季五輪のフィギュアスケート団体で金メダルを獲得したユリア・リプニツカヤ(19)=ロシア=が、引退することが28日、明らかになりました。

拒食症、摂食障害による体調の維持が非常に難しくなったようです。

治療も行っていたようですが、19歳にして引退を決意しました。





リプニツカヤ 引退 ネットの反応

リプニツカヤが太った?過酷な体重管理で引退した可能性





摂食障害とは?

精神的な要因で、食事をとるのが困難になる、または食べすぎてしまう病気です。

摂食障害には食事をほとんどとらなくなってしまう拒食症、極端に大量に食べてしまう 過食症があります。

拒食症では、食事量が減る、低カロリーのものしか食べないことから 体重が極端に減る、やせて生理がこなくなるといった症状があります。これは、アスリートの宿命でしょうか?

スケートでは、体重が増えるとジャンプに大きく影響します。体重管理は非常に重要なポイントです。それゆえに、リプニツカヤは過度なダイエット状態になってしまった可能性があります。

摂食障害の芸能人

遠野なぎこ

遠野なぎこは、「生理は何ヶ月に一回しか来ない」「年に一回の時もある」と、
衝撃的な回答をしている。

ともさかりえ

「17歳の頃、拒食症でよく嘔吐したので胃酸で歯が溶けて虫歯だらけになり、神経までやられた虫歯も3本ある」

釈由美子

芸能人-拒食症-吐きダコ

「自分に自信が無くて、“とにかく痩せなきゃ、痩せなきゃ”そればかり考えていました。」
「遂に食事を一切、口にすることが出来なくなってしまった。」

キャサリン妃

キャサリン妃の激やせはストレスによる拒食症の可能性があります。

拒食症の症状

リプニツカヤさんを襲った拒食症の症状は以下の通りです。

無理な食事制限や絶食をくり返した結果、 自分の意思とは関係なくカラダが食べ物を受けつけなくなるのが「拒食症」です。

精神的な理由によって必要な食事をとれなくなって しまう疾患です。正式な名称としては「神経性無食欲症」「神経性食欲不振症」

拒食症 症状 末期

ちょっと疑わしい部分があるのですが・・・。拒食症の末期だと生命維持装置を外すという可能性もあります。

身長150くらいで体重20キロ前後という状態になる人もいます。

 

 

鈴木明子さんの拒食症ストーリー

鈴木明子 拒食症鈴木明子 拒食症だった。克服への道のり

関連記事