鈴木明子 拒食症だった。克服への道のり

未分類

鈴木明子 拒食症





プロフィギュアスケーター鈴木明子。 彼女は2014年に23年間の選手生活を引退した。 2度のオリンピック出場を果たした鈴木だが、 実は拒食症を発症し、体重は34キロに!

鈴木氏は大学進学後、拒食症に なり、48キロあった体重は一時、32キロにまで落ちた過去を経験。





鈴木明子 拒食症 原因

鈴木明子 拒食症 原因
鈴木明子はフィギュアスケーターとして体型を気にし過ぎてしまったこと、そして最大の原因として、母親との関係があったようです。

鈴木明子の母親は、料理屋の女将をしており、何でもできる方だそう。自分ができることは、家族もできて当然という価値観。自分の娘が摂食障害に陥ってしまっても、なぜ克服できないのかが理解されなかったことが一番の悲しみだったと鈴木明子は語っています。

親からの過度なプレッシャーが鈴木明子さんを追い詰めていた部分があるようです。

鈴木明子 拒食症 コーチのアドバイスも影響

「1kg 減らせば、良いジャンプが跳べる」

当時のコーチのこの言葉が鈴木明子さんの拒食症のきっかけとなっています。

鈴木明子が拒食症を克服した方法

一時は練習を中断して実家に戻り、母親と和解したことをきっかけに、次第に食欲を取り戻した鈴木。
半年ぶりに練習を再開すると、長久保コーチからも「絶対、戻れるからな」と励まされた。
その言葉を励みに、鈴木の拒食症は発症からわずか1年で試合に復帰できるほどに回復したということだ。

拒食症の動画

リプニツカヤにも拒食症の恐怖が襲いかかる→リプニツカヤ 摂食障害で引退!?拒食症の真実!

関連記事