リプニツカヤが太った?過酷な体重管理で引退した可能性

未分類

リプニツカヤ 太った

太った?という評判がリプニツカヤ選手を追い詰めたのでしょうか?

2017年9月に引退を発表した、ロシアのフィギュアスケート選手のユリア・リプニツカヤ。

彼女には一時期、太ったのでは?という批判的な声がありました。

彼女の引退の原因の1つとも言える、体重やダイエットについて考察してみみました。





リプニツカヤ 太った 画像

リプニツカヤ選手が太った?という話は近年話題でした。

体重管理が上手くいかずに、スケーティングも悪くなったゆえに、最近はめっきり大会に顔を出さなくなりました。





リプニツカヤ 体重

リプニツカヤ選手の公式な体重は明かされていません。ですが、身長は160センチと公表されています。

ちなみに日本のフィギュアスケーターの鈴木明子選手も身長160センチです。

鈴木明子さんの場合は、拒食症だった大学生のときは、32キロまで体重が落ちたそうです。

あるいはリプニツカヤ選手もそのレベルまで体重が落ちてしまっている可能性も否定できません。

リプニツカヤのダイエット

リプニツカヤ選手にかぎらず、フィギュアスケーターは激しい体重管理をしています。

実際に日本でも、浅田舞さんや鈴木明子さんも厳しい体重管理によるダイエットを経験し、精神的に追い詰められていた時期があります。

鈴木明子さんに至っては、大学時代に48キロの体重が32キロまで落ちたという恐ろしいダイエットをしています。

フィギュアでは、体重1キロ、身長1センチ変わっても、演技に大きな影響がでます。それゆえに、シビアな体重管理が必要なのです。

結局、激しいダイエットにより、段々と拒食症になっていくのです。

今回のリプニツカヤ選手の場合も、激しいダイエットからの拒食症への発展だと考えられます。先の長い人生、19歳の今ここで、体を壊すのはもったいないですから。





まとめ

リプニツカヤ選手は、「太った?」という評判のせいか、激しいダイエットをしていたと考えられます。

そのダイエットの影響で、拒食症へと発展し、最終的には引退という形になったのだと思います。

アスリートの体調管理の難しさ、キャリア継続の厳しさを思い知らされる出来事です。

関連記事