睡眠負債によるナルコレプシー

未分類

睡眠負債によるナルコレプシー
ナルコレプシーの症状に悩まされている人は、一度睡眠負債について考えてみた方がいいでしょう。

慢性的な睡眠不足状態が招く睡眠負債。負債が貯まると、脳の活動は著しく低下します。

ここでは、睡眠負債とナルコレプシーの因果関係と、解消方法をご紹介します。





ナルコレプシーの原因は睡眠負債

ナルコレプシーの原因は、睡眠負債による影響が考えられます。

7日間、5時間睡眠しかとっていない成人男性は、ナルコレプシーと同等の状態になってしまいます。

ナルコレプシーの症状を感じている人は、一度睡眠負債について考えてみてもいいでしょう。

主治医が見つかる診療所【睡眠負債を返済!最高の睡眠を得る方法教えます】 え、ナルコレプシーの原因が解明されたの? 西野精治さんはその種の本を出していないの? 電車でナルコレプシーの女性を見たけど、あれはそうだったのか? TVでナルコレプシー犬を見たことがあるけど、あれは衝撃的!





ナルコレプシー(過眠症)とは?

ナルコレプシーというのは、日中にひどい眠気に襲われる症状です。過眠症とも言います。

ナルコレプシーの患者さんは、昼間に突然起きているのが耐えられない程の眠気に襲われます。

眠ってはいけない場面で突然眠りだしたり、現実と夢の区別がつかなくなる症状もあります。

夜間に十分な時間の睡眠を取っているにも関わらず発症する症状です。





睡眠負債の解消方法

睡眠負債は、いわば、睡眠の借金です。

過去の研究では、慢性的な睡眠負債状態の人を元に戻すまでに1ヶ月かかったという報告もあります。

このときは、8時間睡眠を1ヶ月続けたということです。つまり、日頃から8時間睡眠は確保しておくのがかなり重要であるといえます。

もちろん個人差はあるでしょうが、おおくの研究の結果、8時間を1ヶ月というのが妥当なラインだと考えられます。

睡眠負債を解消することで、一度低下したパフォーマンスがしっかりと回復します。日常の生活の質も変わってくるでしょう。

睡眠負債によるデメリット

5時間睡眠が続く人は、ほろ酔い状態で仕事をしている!という怖い報告もあります。

睡眠不足時の脳の状態は以下のとおりです。

5時間睡眠→“ほろ酔い状態”

17時間起きている→アルコール濃度0.05%の状態

24時間覚醒状態→ビール瓶1本を空けた状態

睡眠不足状態は、脳に決定的なダメージを与えているわけです。ビール瓶1本空けた状態では、まともな思考回路ではありませんね。

関連記事