【ポニョ 都市伝説】津波を予知した作品だった・・・?

未分類

崖の上のポニョにまつわる都市伝説では、津波というのが見逃せないポイントでもあります。

2008年に公開された崖の上のポニョですが、テレビではずっと放映されてきませんでした。

というのも、2011年の3月11日の東日本大震災の津波を連想させるという理由から、放送を自粛するようなかたちになっていたのです。

これだけでは、ただの偶然の一致なのですが、他にも偶然?と疑いたくなるようなポイントがいくつかあります。

それらを全て考慮すると、「宮崎駿は、津波を予知していた?」と疑いたくなるような結論に行き着きます。





ポニョの津波のシーンについて

ポニョが津波を起こして、待ちを飲み込むシーンがあります。

これは、ポニョに恐ろしい魔力があるという描写です。

この『崖の上のポニョ』という作品自体が、生と死、あの世とこの世の結びつきをテーマにしたものです。

この全知全能の魔力こそが、ポニョ本来の姿です。

あの世とこの世を行き来する“死神”がポニョの正体なのです。





意味深な数字の3

ポニョの物語本編では、数字の3が非常に重要な意味を持ちます。

車のナンバープレートは数字の「333」

そうすけがポニョの為に「3つの質問」に答える

という話があります。

この数字の3は全知全能の神を意味する数字で、ポニョの魔力の強さを証明する意味があります。

崖の上のポニョにはこういった都市伝説要素がふんだんに仕込まれています。

ポニョの都市伝説。赤ちゃんは死んでいた





津波を肯定する宮崎駿

ポニョの魔力により、大きな津波が発生しますが、この物語では津波による悲劇的な描写はありません。

宮崎駿さんは「津波は人の心を浄化する」と語っていて、津波には不思議な魔力があると信じています。

このポニョという作品を通して、津波の魔力を表現したかったのではないでしょうか?

さらには、この津波が東日本大震災の津波を予知しているという可能性も指摘されるなど、この都市伝説は大きな広がりを見せています。

まとめ

あの世とこの世、二重構造になっている『崖の上のポニョ』の世界。

ポニョだけでなく、この作品自体に不思議な魔力が宿っているような感じがします。

全知全能の神(ポニョ)の力によるおおきな津波。

これは、自然災害という誰も逆らえない力による津波を予言していると考えるのは、強引でしょうか?

関連記事