%e4%be%9d%e5%ad%98%e7%97%87
11月19日の世界一受けたい授業では「依存症」をピックアップしています。

精神医学の権威である渡辺登先生が、依存症の早期発見と早期治療を紹介します。





番組では元パリコレモデル、が様々な依存症により借金1億円を背負ったエピソードも紹介しています。借金1億円というと、かなり恐ろしい響きですよね。そんな大金を借金するまでに追い込まれる依存症って怖いですね。このパリコレモデルは、買い物、ニコチンなどの依存症を抱えていて、ここまで追い込まれています。

では、さっそく番組内容をご紹介していきます。





依存症とは?

依存症(いそんしょう、いぞんしょうどちらでもOK)

ある特定のものに執着し、それがないと精神的、肉体的にも不安定になる状態の事です。良く聞くのは、ギャンブルや、酒ですよね。

特にギャンブル依存の方というのは大変です。多くの借金を抱えて、友人関係や、血縁関係も絶たれてしまう事だってあります。

実は私の身の回りにも、かつてギャンブル依存症の人がいました。その人はとにかく周りからお金を借りまくっていましたね。しまいには県外に逃亡したのですが、いまだに彼の悪評は絶えません。なぜここまでしてギャンブルをしなくてはいけないのか・・・。

依存症の早期発見のサイン

番組放送後に、依存症の早期発見のサインについて追記します。

ちなみに私の独自調べもご紹介します。

特にアルコール依存症の初期症状では、手の震えや、お酒を飲む量が自分でコントロールできなくなりますこの手の震え等の症状を離脱症状と呼び、各種依存症の代表的な初期症状となっています。

依存症の予防法

番組放送後に、依存症の予防法について追記します。

ちなみに私が調べたアルコール依存症の予防法をご紹介します。

  • アルコール依存について正しい知識を持つ
  • 週に2日以上の休肝日を設定
  • 深酒しない

です。アルコール依存症は他人事ではなく、常に自分にもその可能性があると考えて、アルコール依存に対する危機感を持ちましょう!

関連記事