トーイックとは

style=”display: block;”

トーイックとは英語を母国語としない人々を対象に、英語を使った意思伝達の能力を測定する試験です。

style=”display: block;”

TOEICテストとは

TOEICは「聞く」「読む」の能力を測定しています。

TOEICテストは、英語力を測るテストです。日本の企業が英語力の参考にしています。

近年では英検よりもTOEICの点数を重要視する向きもあります。上場企業の7割が「採用時にTOEICのスコアを参考にする」ということです。

TOEICの成績がいいことから、「英語の基礎ができる」「努力して英語を覚えたという粘り強さ、勤勉さがわかる」という判断もされています。純粋な英語力以外の面でも、採用の指標になっています。

style=”display: block;”

TOEICのスコア、何点なら履歴書に書いていい?

大学新卒者の場合、「英語を使う仕事でなければ、600点以上」と言われています。

600点は、「読む」「聞く」というコミュニケーションができる最低ラインであること

英語を使う仕事なら、750~800点以上が目安
はっきりした根拠はない

企業が求めるTOEICのスコア

武田薬品工業 730点以上
日本IBM 600点以上
日産自動車 730点以上
楽天 800点以上

TOEICとTOEFL(トーフル)の違い

TOEIC:集中力と反応速度が重視されるビジネス形試験。

TOEFL:語彙が極めて難しく、4技能を計られる試験。検定料が175$と高い。留学向け、学術系。

英検が重要だという声も

関連記事