%e7%b5%b5%e6%9c%ac
11月19日の世界一受けたい授業では、絵本の読み聞かせによる、子どもの能力アップについて特集しています。

紹介するのはハーバード大学で教育について学んだ「加藤映子(かとう えいこ)」先生です。実は加藤先生は以前もこの世界一受けたい授業に出演していて、そのときも絵本をオススメしていました。発想力豊かになる絵本の読み方、表現力が身につく絵本の読み方など、教育に役立つ情報を紹介していました。





この記事では、11月19日放送分の加藤映子先生の能力アップ特集についてご紹介します!

能力アップする絵本の読み聞かせ法

番組放送後に追記していきます。(11月18日現在)





以前の放送では、子どもに問いかけながら絵本を読むというスタイルを紹介していました。これはアメリカ式の方法です。次の展開を子どもに問いかけて想像させることで、表現力や語彙力、コミュニケーション能力のアップが期待できます。

能力アップする絵本の選び方

番組放送後に能力アップする絵本の選び方を追記します。(11月18日現在)

以前の放送では人気の絵本紹介サイトの「絵本ナビ」を紹介していました。現在は980万人の利用者がいて、大人気です。年齢ごとに適した絵本を紹介してくれて、さらにはスマホやタブレットで絵本読み放題のサービスも運営しています。

人気の絵本を紹介

ちょっとここらで、実際に人気の絵本をご紹介します。楽天ランキング1位の作品と、世界中で人気の作品をご紹介します。

ルビィのぼうけん

この絵本はプログラマー的な思考法や、テクノロジーの概念を5歳の子どもでも理解できるというスグレモノ!世界中で人気の本です。

これからの時代、さらにパソコンやIT、通信技術というのは発達していきます。子どもの幼い内から、そういった世界に触れておかなければ、子どもは時代に取り残されるかもしれませんね。

んとつの町のプペル

%e7%85%99%e7%aa%81%e3%81%ae%e7%94%ba%e3%81%ae%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%ab
これはお笑いコンビのキングコングの西野さんが書いた絵本です。「にしの あきひろ(著)」となっています。楽天ランキング1位の大人気作品です。

しかしこの人、絵が上手いですよね!この世界観、幻想的で大好きです。これは子どもに読ませたいですね。幼いうちから美しい絵に触れる事はかなりポジティブな刺激になるでしょう!

関連記事